来てくれたひと、何人?
プロフィール

emiたん

Author:emiたん
 神戸市在住です。
 芦屋・神戸などのお気に入りスポットと、アメリカ旅行の思い出をつづっています。
 というつもりでブログを始めましたが、いまや食べ物記事ばかりで、ブログタイトルとはかなりちがった内容になっていますxxxスイマセン(汗)
 どうぞお気軽にコメントをお願いしますっ!
 

ブログランキング
ぽちっとクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
お気に入りブログ
最新トラックバック
カテゴリ
Google ads
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IN:桐野夏生

この作家さんの作品はケッコー読んでますねぇ。

顔に降りかかる雨
ローズガーデン
OUT
錆びる心
ジオラマ
柔らかな頬
グロテスク
残虐記
I'm sorry, mama
アンボス・ムンドス

「錆びる心」や「アンボス・ムンドス」の短編が好きで
長編はちょっと尻つぼみなイメージがあって
私には合わないかなぁ...と思いながらの
長編「IN」でした。
IMG_3154-2 (23)
ちなみに「OUT」の続編ではありませんよ。

恋愛の「抹殺」を書く
という、なんだか恐ろしい帯がかかっていますが、
それほどドロドロした内容ではなかったですよ。
女たちはそれぞれの恋愛においては
みんな自分が主人公。
心の中にあるうちは良いのですが
それが「緑川未来男」という男によって
活字化されてしまうと
なんだか自分が脇役になり
「抹殺」されて「陰」になってしまった気になるのではないかと。
そっと胸の内に「隠」しておいたほうが美しいことも
あるのではないかと思われますが。
ラストの狂気を思わせる書斎の場面が
とても恐ろしく
まぁ、許せない気持ちも理解できるけど
許したり諦めたりした方が
自分にとっても楽なのではないかと思うような
苦しさがありました。
「無垢人」とは...陽平なのかなぁ?
しばらくしてから
気合い入れて再読しようかと思います。
その前に「死の棘」も読んでみたいですね。
これまたタイヘンそうだけど(笑)
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。