来てくれたひと、何人?
プロフィール

emiたん

Author:emiたん
 神戸市在住です。
 芦屋・神戸などのお気に入りスポットと、アメリカ旅行の思い出をつづっています。
 というつもりでブログを始めましたが、いまや食べ物記事ばかりで、ブログタイトルとはかなりちがった内容になっていますxxxスイマセン(汗)
 どうぞお気軽にコメントをお願いしますっ!
 

ブログランキング
ぽちっとクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
お気に入りブログ
最新トラックバック
カテゴリ
Google ads
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IN:桐野夏生

この作家さんの作品はケッコー読んでますねぇ。

顔に降りかかる雨
ローズガーデン
OUT
錆びる心
ジオラマ
柔らかな頬
グロテスク
残虐記
I'm sorry, mama
アンボス・ムンドス

「錆びる心」や「アンボス・ムンドス」の短編が好きで
長編はちょっと尻つぼみなイメージがあって
私には合わないかなぁ...と思いながらの
長編「IN」でした。
IMG_3154-2 (23)
ちなみに「OUT」の続編ではありませんよ。

恋愛の「抹殺」を書く
という、なんだか恐ろしい帯がかかっていますが、
それほどドロドロした内容ではなかったですよ。
女たちはそれぞれの恋愛においては
みんな自分が主人公。
心の中にあるうちは良いのですが
それが「緑川未来男」という男によって
活字化されてしまうと
なんだか自分が脇役になり
「抹殺」されて「陰」になってしまった気になるのではないかと。
そっと胸の内に「隠」しておいたほうが美しいことも
あるのではないかと思われますが。
ラストの狂気を思わせる書斎の場面が
とても恐ろしく
まぁ、許せない気持ちも理解できるけど
許したり諦めたりした方が
自分にとっても楽なのではないかと思うような
苦しさがありました。
「無垢人」とは...陽平なのかなぁ?
しばらくしてから
気合い入れて再読しようかと思います。
その前に「死の棘」も読んでみたいですね。
これまたタイヘンそうだけど(笑)
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

サファイア:湊かなえ

秋の夜長の読書シーズン到来ですね。
良い本に出会えました~。
この作家さん、何作も読んでいますが
この「サファイア」がイチバン好きかも...ですね^^
まずは表紙のデザインがとっても素敵。
IMG_3284-2 (15)
宝石がちりばめられていて
女子ゴコロがくすぐられます。
宝石のタイトルがついた7つの短編集です。
あっ、最後の2作品は
全編・後編?続編?みたいな感じです。
以下、ネタバレを含みます。

≪真珠≫
う~ん?これは、個人的には好みではなかったです。
この作家さん特有のちょっとキモイ悪い?感じですね。
まぁ、ゾクッとした感じがイイですけど(笑)
そこまでのこだわりというか
精神的な依存というか
は、ちょっと理解しがたいかな。

≪ルビー≫
この短編の中に
謎めいた歴史を感じさせるのは流石ですっ。
過去の事件も
ワケアリの施設も
目の前に映像が浮かんでくる
すごい描写です。
私の頭の中にも「同じ風景」が浮かんでいるはずです。

≪ダイヤモンド≫
映像化が難しいだろうなぁと思うトリックに
まんまと引っかかっちゃいました(笑)
この「えっ?」「アレッ?」という感じがたまらない。
面白かったです。

≪猫目石≫
「夜行観覧車」を彷彿とさせる感じです。
短編なので
軽~い感じの家族の絆です。

≪ムーンストーン≫
面白かったです。
こちらも≪ダイヤモンド≫と同じく
「あれっ?そっち!」という
わかっていながら
まんまと引っかかっちゃった感じです。
で、「これで終わり???」みたいな
友情なのか、女の妬みなのか
ビミョーに恐ろしい感じが
面白かったです。

≪サファイア≫
≪ガーネット≫
これは大好きなストーリーでした。
この作家さん特有の
「救いがない」感じでは一切なく
救われた感じがいっぱいで
美しい物語でした。
この結末のために
恋をして、悩んで、泣いて...
時間を過ごしてきたんだなぁと
救われた気持ちがしました。
モチロン悪徳商法を認める気は
一切ありませんが
女性にとって指輪は
やはり特別なものなのですね。
男性にとっては鞄なのかなぁ。

「私のどこが好きだったの?」って
答えが出ない問いかけだと思ってたけど
こんな素敵な答えがあるなんて...
この2作で映画化できるんじゃないかと思うほど
素晴らしい仕上がりだと思いましたよ。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

まとめ買い:ブックオフオンライン

オトナ買い!というほど
お金はかからず
お手頃価格で便利にまとめ買いです。
いつもお世話になってます。
ブックオフオンラインです。
IMG_3154-2 (22)

今回は初めての作家さん「原田マハ」に挑戦。
そして大好きな「小池真理子」の未読作品。
「OUT」を読んだので
「IN」も読んでみようかと「桐野夏生」
と、ずいぶん以前に「黒い家」を読んだっきり
めちゃくちゃお久しぶりの「貴志祐介」
IMG_3154-2 (23)
うん!しばらく楽しめそうですね^^

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

東京アクアリウム:小池真理子

ネタ切れになってくると
ついつい本ネタに走ってしまいますねぇ。
大好きな作家さん小池真理子「東京アクアリウム」です。
以下ネタバレを含みます。
IMG_2733-2 (5)
短編集なので半身浴中や電車の中で
サクッと読めます。
冷静に考えると
浮気やら不倫やらドロドロとした話なのですが
仕事が休みの前の日に
部屋でひとり飲みながら読むと
のめりこんじゃうんですよねぇ...これが。
小池真理子ワールドにどっぷりつかっちゃいます。
お気に入りは「風」。
これは女冥利に尽きるでしょ~~~。
友人に対して「説明のつかない」「気も狂わんばかりの」
「烈しい嫉妬」→わかるわかる...って感じです。
こういう時は「激しい」ではなく「烈しい」なのかぁ。
まぁ、現実にあると慰謝料がらみの話になりそうですが
小説の中では美しくも狂おしく切ない恋の物語です。
個人的には「飲みながら...」っていうのが
さらに気持ちが盛り上がっちゃって
これからは秋の夜長のお楽しみですね^^

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

贖罪:湊かなえ

何冊目でしょうか...?この作家さん。
IMG_2733-2 (5)
湊かなえの「贖罪」を読んでみました。
以下ネタバレを含みます。

私、ミーハー(古っ)なので
「ドラマ化された」とか「〇〇賞を取った」とかいう
話題性にはケッコー弱いのです。
連作なので「Nのために」みたいな
人物描写が大混乱!なんていう
困ったことにはならず
読みやすかったです。
個人的には一人目の「フランス人形」が秀逸。
美しさとおぞましさが紙一重でゾクッとする感じ。
この1話だけで完結できるんじゃないかなぁと思うぐらいの
素晴らしい仕上がりです。
が、、、
後の話は???
個人的感想ですが
「取ってつけたような」感じ?
1話目で力を出し尽くした
尻つぼみなイメージでした。
う~ん???
結末を考えずに書き始めたってことは
まさかないとは思いますが(笑)
ドラマの中では、小泉今日子が母親役ですか...。
そういうお年頃になっちゃったんですねぇ。
そして第1話の主人公は蒼井優。
うん!イメージピッタリですねぇ。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。